武蔵野署の巡査長がコロナ感染 約80人を在宅勤務に 警視庁

毎日新聞 / 2020年4月6日 1時6分

警視庁は5日、武蔵野署刑事組織犯罪対策課に勤務する男性巡査長(33)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同庁によると、男性巡査長は3月26日、勤務中に倦怠(けんたい)感があり、翌日から発熱があり自宅療養していた。その後も熱が下がらず、病院で検査したところ、感染が判明した。感染経路は不明という。同庁は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング