3密回避へ喫煙所の窓開放 北海道庁 「受動」防止に矛盾と批判も

毎日新聞 / 2020年4月10日 8時32分

北海道庁敷地内で職員らが利用するプレハブ小屋の喫煙所が、新型コロナウイルス感染拡大予防で、密接・密集・密閉の「3密」を避けるため、窓やシャッターを開け放っている。民間で喫煙所閉鎖が相次ぐ中、4月に受動喫煙防止条例の一部が施行されたばかりの道の庁舎でたばこの煙が漏れ出る本末転倒の状況に批判の声が上がっている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング