大阪の小中学校は夏休み16日、冬休み10日に短縮案 府教委がモデル通知

毎日新聞 / 2020年5月29日 21時10分

新型コロナウイルスの影響で休校が続いた大阪府内の公立小中学校について、府教育委員会が授業時間の確保に向けた対応策として、長期休暇を大幅に短縮する授業モデルを各市町村教委に通知した。今年度は夏休みを16日間、冬休みを10日間にそれぞれ短縮する案が示されている。府教委への取材で明らかになった。一方、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング