奈良・近鉄新大宮駅でオーバーラン 運転士が通過と勘違い けが人なし

毎日新聞 / 2020年5月30日 14時59分

29日午後10時45分ごろ、奈良市芝辻町4の近鉄新大宮駅で、大阪難波発奈良行き下り急行(8両編成)が停止位置を約90メートル越えて停車した。定位置まで後退して利用客を乗降させ、15分遅れで同駅を発車した。乗客約120人にけがはなかったが、駅東側の踏切がしばらく閉まったままで車が通行できず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング