熊本豪雨、避難難しい高齢者施設の被害 4年前に岩手でも 遺族「教訓を…」

毎日新聞 / 2020年7月6日 11時9分

熊本県南部に甚大な被害をもたらした記録的豪雨。球磨村の球磨川支流近くにある特別養護老人ホーム「千寿園」では、浸水で入所者14人が心肺停止で見つかった。災害時に避難が難しい高齢者施設で多くの被害が出た例は、4年前にもあった。2016年の台風10号では岩手県岩泉町の小本川が氾濫し、近くの高齢者グループホーム「楽ん楽ん(らんらん)」の入所者9人全員が亡くなった。遺族の一人は「立地条件のよく似た施設で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング