親子4代プロ棋士 張栩九段の娘 デビューは黒星 「全然駄目。強くなりたい」

毎日新聞 / 2020年7月6日 22時15分

親子4代目の囲碁棋士、張心澄(こすみ)初段(14)が6日、東京都千代田区の日本棋院でデビュー戦の竜星戦予選Bの対局に臨み、関航太郎三段(18)に敗れた。張は、張栩九段(40)と小林泉美六段(43)の長女で、祖父母に小林光一名誉棋聖(67)と故・小林礼子七段、曽祖父に故・木谷実九段を持つ囲碁一族。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング