炎の中、逃げ惑った13歳の夜 語り続ける88歳元教諭 堺大空襲75年

毎日新聞 / 2020年7月8日 17時38分

太平洋戦争が終結する約1カ月前の1945年7月10日未明、大阪・堺の街は米軍の焼夷(しょうい)弾攻撃で焼き尽くされた。死者1860人、全焼家屋約1万8000棟を数えた「堺大空襲」。猛火の中を逃げ惑い、伯母家族4人を失った元小学教諭、今村早智子さん(88)=大阪府河内長野市=は75年前を振り返り「戦争のない世の中をつくるため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング