30分でコロナ感染確認 技師・専用機器不要 日大・東京医大が新検査法

毎日新聞 / 2020年7月8日 18時36分

日本大と東京医大は8日、新型コロナウイルスの感染を約30分で確認できる新しい検査法を開発したと発表した。PCR検査と同じくらい高精度だが、技師や専用の検出機器が不要で、目視で容易に判定できる。塩野義製薬と共同で実用化を目指す。新たな検査法は「SATIC(サティック)法」と呼ばれ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング