浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

毎日新聞 / 2020年7月9日 8時51分

気象庁浅間山火山防災連絡事務所(長野県軽井沢町)は8日、浅間山の火山活動について、火口から半径約2キロ以内に影響を及ぼす小規模噴火の可能性が高まっていると発表した。6月20日以降に山体浅部を震源とする火山性地震が増加し、同29日以降は1日1桁台に落ち着いたものの、7月6~7日に再び増え始めたことに加え、東京大地震研究所の赤外熱映像装置による観測データで、6月下旬に入ってから浅間山の火口底温度が上昇していることが判明した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング