九州豪雨、住宅被害1万棟超え 熊本・人吉市など「全壊」一括認定検討

毎日新聞 / 2020年7月9日 20時12分

九州各地で続いている豪雨で、熊本県や福岡県など九州7県で確認された浸水などの住宅被害が、少なくとも1万808棟に上ることが毎日新聞のまとめで判明した。球磨(くま)川の氾濫で広範囲にわたって浸水した熊本県人吉(ひとよし)市や八代(やつしろ)市は、被災支援を受けるために必要な罹災(りさい)証明書を早期に発行するため、浸水被害が甚大な一部地域について一括で「全壊」と認定することを検討している。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング