「職場にいるのしんどく」 勤務中に喫煙170回、大阪市職員を懲戒処分

毎日新聞 / 2020年7月9日 21時9分

大阪市は9日、勤務時間中に喫煙を繰り返したなどとして、市都市整備局の男性職員(43)を減給6月(10分の1)の懲戒処分にしたと発表した。勤務中の外出休憩は291回、そのうち喫煙回数は170回に上るといい、男性職員は「職場にいることがしんどかった。気分転換したかった」と話しているという。市によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング