九州豪雨1週間、全容なお不明 家屋浸水や土砂崩れ多数 12日まで大雨警戒

毎日新聞 / 2020年7月10日 21時27分

梅雨前線が九州を中心に甚大な被害をもたらした豪雨災害は、11日で発生から1週間を迎えた。10日までに熊本など九州で63人、静岡、愛媛で各1人の死亡が確認されている。家屋の浸水や土砂崩れなど多数の被害が出ているが、豪雨が残した爪痕の全容はつかめていない。大雨は沖縄など一部を除く全国で少なくとも12日まで続く可能性があり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング