西・東日本で12日明け方にかけ激しい雨の恐れ 13日以降も大雨警戒を

毎日新聞 / 2020年7月11日 15時37分

梅雨前線の影響で、西日本と東日本の広い範囲で11日から12日明け方にかけて、東北地方では12日夕方にかけて、局地的に雷を伴った激しい雨が降り、大雨となる恐れがある。13日以降も大雨が続く恐れがあり、気象庁は土砂災害や河川の増水、氾濫に警戒するよう呼びかけている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング