岐阜の豪雨で倒れたスギは御神木だった 中山道の宿場町見守り続けて1200年

毎日新聞 / 2020年7月14日 7時59分

岐阜県瑞浪市大湫町の「大湫神明神社」で11日夜に倒れた高さ40メートル超、幹回り11メートルのスギの御神木は、樹齢1200~1300年と推定され、中山道の宿場町を行き来する人々を見守り続けた御神木だった。【熊谷佐和子、井口慎太郎】11日午後10時40分ごろ近くの住民から「木が倒れ自宅から出られない」との119番があり発覚。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング