「差別は犯罪」市民ら抗議 ヘイト条例全面施行後の川崎で、初街宣

毎日新聞 / 2020年7月14日 8時36分

外国出身者やその子孫に対するヘイトスピーチに刑事罰を科す全国初の条例が制定された川崎市で12日、全面施行後初となる街頭宣伝があった。違法な発言がないか市職員が監視するなか、街宣は約2時間に及び、多くの市民らが抗議に駆け付けた。【洪玟香】街宣は「在日特権を許さない市民の会」元会長の桜井誠氏が党首を務める政治団体「日本第一党」の関係者らでつくる団体の約20人が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング