東広島市で土砂崩れ、住宅1階に流入 84歳と55歳の親子2人連絡取れず

毎日新聞 / 2020年7月14日 9時41分

広島県警東広島署などによると、14日午前6時ごろ、東広島市河内町宇山にある2階建て住宅の裏山が崩れ、1階部分に土砂が流入した。住民の女性(84)と息子(55)の計2人と連絡が取れなくなっており、警察と消防が捜索している。広島地方気象台によると、東広島市には降り始めの12日午後3時から14日午前8時までに169・5ミリの雨が降り、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング