教師、保育士らの性犯罪歴チェック制度を 被害児童母らが会見で訴え

毎日新聞 / 2020年7月14日 21時6分

ベビーシッターマッチングアプリ「キッズライン」の登録シッター2人が性犯罪容疑で逮捕されたことを受け、保育事業などを手掛ける認定NPO法人「フローレンス」(駒崎弘樹代表理事)は14日、東京都内で記者会見し、保育・教育従事者の性犯罪歴をチェックし就業を制限する制度「日本版DBS」の創設を求めた。今後関係省庁に提案書を提出する。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング