第2波へ最大1400床確保計画 第1波の倍以上 埼玉県が協力要請へ

毎日新聞 / 2020年7月15日 9時39分

新型コロナウイルスの新規感染者が埼玉県内で再び増加傾向にある中、県は14日、「第2波」に向けた新たな病床確保計画を発表した。ピーク時の患者数を2215人、入院患者数を1073人と見込み、最大1400床を確保する計画。「第1波」の際に県が確保した病床は約600床で、倍以上の確保目標となったことに大野元裕知事は「簡単な話ではないが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング