北広島町議長が議員辞職表明 克行前法相から20万円受領 表明は5人目

毎日新聞 / 2020年7月15日 14時46分

参院議員の河井案里被告(46)=広島選挙区、自民党を離党=が初当選した2019年参院選を巡り、案里議員と共に公職選挙法違反(買収など)で起訴された夫で前法相の衆院議員、克行被告(57)=広島3区、同=から、現金20万円を受け取ったと認めた広島県北広島町議会の宮本裕之議長(61)が15日、議員辞職する意向を明らかにした。金銭授受を認めた県内の地方議員や首長が辞意を表明したのは5人目。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング