福岡・久留米で繰り返される内水氾濫 住民「どうにかして」 排水追いつかぬ事情

毎日新聞 / 2020年7月15日 18時22分

6日から8日にかけて記録的な大雨に見舞われた福岡県久留米市では住宅地や農地が広範囲に冠水し、大きな被害が出た。東西に貫く筑後川に多くの支流が注ぎ込む同市は、大雨が降る度に支流の水があふれ出す「内水氾濫」に苦しめられてきたが、九州豪雨でも繰り返された。「3度目の浸水。どうにかしてほしい」。筑後川の支流・山ノ井川があふれた同市城島町で酪農業を営む中園愛美里(えみり)さん(51)は悲痛な声で訴える。牛舎は2012年7月の九州北部豪雨、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング