「首相は逃げているのではないか」 自殺財務省職員の妻が陳述 森友国賠訴訟

毎日新聞 / 2020年7月15日 20時41分

学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る財務省の文書改ざん問題で、自殺した近畿財務局職員、赤木俊夫さん(当時54歳)の妻雅子さん(49)が、国と同省理財局長だった佐川宣寿氏(62)に計約1億1000万円の賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が15日、大阪地裁(中尾彰裁判長)であった。雅子さんは意見陳述で「夫が自ら命を絶った原因と経緯を明らかにしたい。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング