ボート八百長「運営団体に不正説明」 元レーサーの被告証言 名古屋地裁

毎日新聞 / 2020年7月16日 21時45分

ボートレースの八百長事件で、モーターボート競走法違反(収賄、不正競走)に問われた元ボートレーサーの西川昌希被告(30)が16日、名古屋地裁で開かれた公判で「2019年9月に競技運営団体に不正に関わったと説明した」と証言した。日本モーターボート競走会(東京都)は事件が発覚した20年1月、「詳細を把握していない」とコメントしていた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング