写真

小惑星探査機はやぶさ2が地球に向かう主エンジンの運転を完了し、喜ぶプロジェクトチームのメンバー=プロジェクトチームのツイッターから

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は17日、小惑星探査機「はやぶさ2」が地球に小惑星リュウグウの物質を持ち帰るための主エンジン(イオンエンジン)の最終運転を終えたと発表した。はやぶさ2は今後、地球への最終誘導段階に入り、今年12月6日、オーストラリアの砂漠へリュウグウの石などが入っているとみられるカプセルを着地させる予定。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング