写真

植草一秀[経済評論家]***安倍内閣が人の輸入を拡大しようとしている。国内の人の値段が高いから、安い価格の人の輸入を拡大しようとしている。人の値段を下げること。これが安倍内閣の目標である。なぜ、人の値段を下げようとしているのか。それは、大資本が要請しているからだ。大資本の究極の要請は労働コストの圧縮だ。安倍内閣が強行制定した「働かせ方改悪」の目的もこれだ。「働き方改革」という言葉で偽装しているが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング