写真

奥村シンゴ(ライター)***日本高校野球連盟(高野連)は11月29日、理事会を開き来春のセンバツ大会から投手1球の投球数を1週間500球以内を実施するのを決めた。3年間は試行期間でその後のルール化を目指すとしている。荻生田光一文部科学相が11月27日の衆院文部科学委員会で、高校野球の過密日程や投球制限などについて日本維新の会足立康史議員から問われ「IOCのアスリートファーストの観点からいえば、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング