緊急事態宣言解除により減少したとはいえ、それでもテレワークを継続する企業も多い。だが、そこで心配されているのは生産性よりも、社員の健康リスクだ。自宅で仕事をするようになったことで、運動時間が減少する一方、座位時間が増加するなどを理由に健康リスクが増加していると言われている。だが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング