写真

注目浴びる中国の「ユニコーン企業」、その投資価値を考える

5月17日、中国で最も若いユニコーン企業の1社であるラッキン・コーヒー(瑞幸珈琲)が米国のナスダック市場に上場しました。 ユニコーン企業とは、評価額10億ドル以上、かつ設立年数が短い未上場企業を指します。希少で価値が高いことから、伝説上の一角獣(ユニコーン)になぞらえてできた言葉です。 直近1年間で株式公開を行った中国の元ユニコーン企業としては、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング