消費意欲低下は「ものづまり」が原因? 回避策は‟手放す前提”の買い方

MONEYPLUS / 2019年10月17日 7時30分

生活者の新しい消費観・消費行動を解説する連載の第2回は、博報堂生活総合研究所(以下、生活総研)のロングデータを取り上げます。生活総研は1993年から、「ものを買いたい・サービスを利用したい」という気持ちが最高に高まった状態を100点とした場合、あなたの来月の消費意欲は何点くらいですか」という聞き方で、生活者の来月の消費意欲を聴取しています。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング