2万4000円を挟んでモミ合う「日経平均」、この先は上がるのか?下がるのか?

MONEYPLUS / 2020年1月24日 6時0分

1月の株式市場は、日経平均株価でアベノミクス以降の高値となる2万4,217円を目前に、モミ合う展開が続いています。 世界の株式市場は、昨年秋から世界的に上昇が続いてきました。きっかけは、米FRB(連邦準備制度理事会)が短期市場の資金逼迫を解消するため開始した、月額600億ドルの国庫短期証券購入です。市場参加者は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング