写真

高級路線で大ヤケド、「ガスト」が狙う低価格デジタル業態への変身

「想定通り客単価は上昇したが、客数が大きく下がり、最後に第4四半期で来店頻度が間延びした段階で、大きな業績の悪化につながった。減益の大きな要因がここにある」――。2月13日に開かれた2019年12月期の決算説明会で、すかいらーくの谷真社長は増収減益の原因について、こう分析しました。 リーズナブルな価格帯のメニューが中心のファミリーレストラン「ガスト」で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング