写真

カスペルスキーは5月19日、KasperskyLab取締役会長兼最高経営責任者(CEO)であるユージン・カスペルスキー氏の来日を記念して、プレスセミナーを開催。 冒頭、カスペルスキー代表取締役社長川合林太郎氏は、前週から猛威を振るうランサムウェア「WannaCry」に触れ、「一般には5月12日から攻撃が始まったと認識されているが、Port445に対する通信の平均値を見ると、5月11日からPort445に対する通信が増えており、前日の11日から拡散がスタートしていると見ている」との見解を述べた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング