熱くなったiPhoneを少しだけ急いで冷やす、とっておきの方法とは?

マイナビニュース / 2017年8月20日 16時54分

iPhoneの内部はかなり高密度。各種ICやバッテリーなどの部品がぎっしり詰められ、一度分解したら元どおりに組み立てるのはかなり難しい。しかもエンドユーザは蓋を開けることすら困難な構造のため、どこにどのような部品があるかは伺い知れない。 しかし、iPhoneに触れれば、熱を持ちやすい部品がどのあたりにあるかは推定できる。iPhoneにはファンのような強制的に排熱する装置がないため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング