明智光秀はなぜ「本能寺の変」を起こしたのか - 新史料を三重大が発見

マイナビニュース / 2017年9月13日 13時6分

織田信長の重臣であった明智光秀が起こした「本能寺の変」の目的は、室町幕府を再興させることだった。そのような内容が記された書状の原本が発見されたことを三重大学の藤田達生教授が発表した。 発見された書状は美濃加茂市民ミュージアム所蔵の「土橋重治宛光秀書状」で、土橋重治は、戦国時代の鉄砲傭兵集団として知られる雑賀衆を構成する主な一族の1人。1582年6月2日に起きた本能寺の変から10日後の6月12日付けで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング