写真

画像提供:マイナビニュース

本田技研工業(ホンダ)は12日、大型プレミアムツアラー「ゴールドウイング」をフルモデルチェンジし、リアトランクとサドルバックを標準装備した「ゴールドウイングツアー」、サドルバックのみを標準装備した「ゴールドウイング」を新販売網「HondaDream」で4月2日に発売すると発表した。 今回のフルモデルチェンジで6世代目となる「ゴールドウイング」は、モーターサイクルが持つ魅力の原点に立ち返り、「走りの高揚感」や「操る楽しさ」を実現するため、快適な乗り心地と軽快なハンドリングを実現する同社独自の二輪車用ダブルウィッシュボーンフロントサスペンションを採用するなど、車体とエンジンを新開発した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング