写真

画像提供:マイナビニュース

IPAセキュリティセンターおよびJPCERT/CCは7月12日、NECの無線LAN製品群「Atermシリーズ」に、OSコマンドインジェクション、バッファオーバーフローの脆弱性が存在するとして、その概要を発表した。 影響を受ける製品は、2018年6月以前に発売を開始した「AtermWG1200HP」「AtermW300P」「AtermHC100RC」。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング