写真

画像提供:マイナビニュース

UnitedStatesComputerEmergencyReadinessTeam(US-CERT)は5月14日(米国時間)、「VMwareReleasesSecurityUpdates|US-CERT」において、VMwareがIntel製CPUの脆弱性「CVE-2018-12126」「CVE-2018-12127」「CVE-2018-12130」「CVE-2019-11091」に関するパッチを公開したと伝えた。 これら脆弱性を悪用されると、攻撃者によって影響を受けたシステムの制御権が乗っ取られる危険性があるとされており注意が必要。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング