写真

画像提供:マイナビニュース

米カーネギーメロン大学ソフトウェア工学研究所が運営しているCERTコーディネーションセンターは5月22日(米国時間)、「MicrosoftWindowsTaskSchedulerSetJobFileSecurityByNameprivilegeescalationvulnerability-VulnerabilityNoteVU#119704」において、Windowsのタスクスケジューラに特権昇格の脆弱性が存在すると伝えた。 タスクスケジューラはスケジュールされたタスクの実行を行うWindowsのコンポーネント。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング