写真

画像提供:マイナビニュース

現在地や行き先を調べるときに使う「マップ」。iOS6のときApple独自のものに変更され(それ以前はGoogleが開発)、当初は誤表示が多く実用が難しいほどだったものの、やがで問題も解消され、いまやiPhoneに欠かせない存在となっています。2018年以降は、日本国内でもデータ収集用の自動車を走らせるなど、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング