写真

画像提供:マイナビニュース

●Top5001位を目指さない「富岳」 ○Top500の演算性能よりも実際のアプリ性能を優先 今年のISC19で発表されたTop500では、オークリッジ国立研究所(ORNL)の「Summit」が1位、ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)の「Sierra」が2位、中国の「神威・太湖之光」が3位と順位の変動はなかった。 Top500のスパコンの性能ランキングは、HighPerformanceLinpack(HPL)というプログラムを実行させ、その時の1秒間に実行される計算(足し算や掛け算)の数で行われている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング