写真

画像提供:マイナビニュース

●従来のERPプロジェクトではデータドリブンな経営を実現できない ○「2025年の崖」に揺れる日本企業 今年、経済産業省が「DXレポート~ITシステム『2025年の崖』の克服とDXの本格的な展開~」という資料を公開したが、ここで使われている「2025年の崖」という言葉が話題を呼んでいる。 多くの日本企業では、「事業部門ごとにシステムが構築されているため、全社横断的なデータ活用ができない」「過剰なカスタマイズなどにより、システムが複雑化・ブラックボックス化してしまい、デジタル・トランスフォーメーション(以下、DX)の促進を阻害している」といった問題が生じている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング