写真

画像提供:マイナビニュース

IndependentSecurityEvaluatorは9月16日(米国時間)、「SOHOpelesslyBroken2.0-IndependentSecurityEvaluators」において、市場に出回っているルータやNASを調査したところ、13個のデバイスにリモートアクセスを許可するような125個の脆弱性が見つかったと報告した。ベンダーはプロダクトのセキュリティに対する関心の高さをうたっているが、十分なセキュリティ機能は実現されていないと指摘されている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング