ANA、アバターの社会インフラ化を開始 - 実世界で動けるアバター開発

マイナビニュース / 2019年10月15日 14時10分

ANAホールディングスは10月14日、Society5.0の実現に向け、アバターを社会インフラとして導入し、自治体やデベロッパーなどの18の社会実装パートナーとともに、日常生活のさまざまなシーンの中でアバターが社会インフラとして利活用される街づくりをスタートすると発表した。 同社は、アバターサービスを提供するためのプラットフォームとなる「avatar-in(アバターイン)」をローンチし、2020年4月のサービス化を目指す。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング