リコー、Office 365と連携可能なクラウド型会議室管理システム

マイナビニュース / 2019年10月16日 16時38分

リコーは10月16日、MicrosoftOffice365と連携し、会議室や各種設備など社内のリソースを予約・管理できるというクラウドサービスである「RICOHスマート予約サービス」を、10月21日に提供開始すると発表した。予約されていても実際に使用されない空(から)予約や、会議の長時間化などを削減し、リソース運用の最適化と業務効率化に貢献するとしている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング