航空機の技術とメカニズムの裏側 第196回 日本も採用、ステルス戦闘機「F-35B」に迫る(8)F-35Bの変身メカ

マイナビニュース / 2019年10月29日 9時0分

F-35Bが短距離離陸や垂直着陸を行うためにモード変換を行うと、外見がガラリと変化する。なんと6カ所で一斉に扉が開き、しかも尾部ではエンジンの排気ノズルが下向きになって、その先端が胴体下面に突き出てくる。このメカメカしさが、この機体のたまらない魅力である(えっ?)。 ○リフトファンの扉とその後ろの扉 念のためにまとめておくと、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング