西武秩父線50周年、横瀬車両基地イベントで歴代特急車両そろい踏み

マイナビニュース / 2019年11月10日 7時0分

西武秩父線が1969(昭和44)年に開業し、同時に池袋~西武秩父間で特急「ちちぶ」が運行開始してから今年で50年。「レッドアロー」の愛称で知られた西武鉄道の初代特急車両5000系は、当時の沿線住民に大きな存在感をもって迎えられただろう。 その後、1993(平成5)年に10000系「ニューレッドアロー」が登場。「レッドアロー」を順次置き換えた。「レッドアロー」の一部車両は形式を改め、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング