写真

画像提供:マイナビニュース

watchOS6では、AppleWatchSeries4以降のモデルで「ノイズ」機能が使えるようになりました。これは周囲の音量を計測し、耳の健康に悪影響があるとされる音量を検知すると振動で通知されるというものです。 ○なぜノイズ機能?音量と聴力低下の関係 ライブ会場や工事現場などで大きな音を聞き続けると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング