サイバー脅威、本当に恐いのはインサイダーの犯行

マイナビニュース / 2019年12月9日 9時12分

Malwarebytesは12月5日(米国時間)、「Report:Organizationsremainvulnerabletoincreasinginsiderthreats|MalwarebytesLabs」において、組織の多くが内部の犯行によるサイバー攻撃に対して脆弱な状態にあると報告した。 ロシアや中国には組織の機密データ取引するための市場が存在しており、企業内部の人間が窃取したデータの販売が可能であることから、こうした犯行が収まることがない状況が存在していると指摘されている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング