写真

画像提供:マイナビニュース

JPCERT/CCは1月15日、米Oracleが1月14日(現地時間)、複数の製品に対するクリティカルパッチアップデートに関する情報を公開したと発表した。 対象の脆弱性が悪用されると、リモートからの攻撃により、サービス運用妨害(DoS)攻撃が行われたり、不正な操作が実行されたりする可能性がある。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング