写真

画像提供:マイナビニュース

JPCERT/CCは1月19日、マイクロソフトが1月17日(米国時間)にInternetExplorerの脆弱性(CVE-2020-0674)に関する情報を公開したとして、注意を喚起した。 この脆弱性を悪用された場合、リモートからの攻撃によって任意のコードが実行されるおそれがあるほか、この脆弱性の悪用を目的として、第三者がユーザーを悪意のあるサイトへ接続させたり、加工したMicrosoftOffice文書などを実行させたりする攻撃が行われる可能性があるという。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング