写真

画像提供:マイナビニュース

従来、自動車開発におけるシミュレーションといえば、車載機器の熱や電磁ノイズの影響を把握するためのものであったり、空力解析であったりとハードウェア的な性能を推し量るためのものが多かった。しかし、そうしたシミュレーションでは、機能が要求された性能を発揮できるかか否か、という課題は解決できるものの、ボタンやタッチパネルの操作性といったユーザーの使い勝手、いわゆるソフト面の確認についてを把握することが難しく、実物がある程度の形となって出来上がってから確認する必要があり手戻りの遠因となるなど課題があった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング